考える女性と病原体
  • ホーム
  • ヘルペスの特徴が出たときは渋谷で治療をしてもらう

ヘルペスの特徴が出たときは渋谷で治療をしてもらう

悩む女性

ヘルペスの特徴が出たときにはすぐに渋谷で治療してもらうことが大事です。
ヘルペスは性病というわけではありませんが、性病として感染したときには普通の症状よりも重い症状が出てしまうので注意が必要です。
普通の症状であっても渋谷に行けば治療ができますが、性病として出たときには渋谷の専門外来に行って薬をもらわなくてはいけないので分けて考えなくてはいけません。

基本的に、ヘルペスの特徴は水ぶくれのような症状で、人間が感染する感染症の中でも最もなじみのある症状だと言えます。
特徴なのは、一般的な症状に加えて約8種類もの症状が存在することです。
単純なものならば塗り薬を塗ってしばらく放置するだけで治療することができるものもありますが、性器 にできてしまうと抗生物質で菌を滅菌しなくてはいけないのでそれ相応の時間が必要になります。
性器ヘルペスの特徴は潜伏期間が長いことが特徴で、性行為をしてから二日から十日以上は潜伏していることもあります。
一度症状が出てしまうと発熱を生じたり陰部に強い痛みが生じるようになるので非常にわかりやすい性病の一つであるといえます。
再発するリスクが高いものであり、完治できたとしても身体の免疫機能が低下したり精神状態が不安定になったりするとすぐに身体に症状が出てくるので、治療をするときには慎重に症状を回復させる必要があります。

中には、ヘルペスを発症させても症状が出ない人もいます。
このような人は感染しても菌がなくなるまで気づかないので治療をする必要性すらあり ません。
ヘルペスのような一般的な病気と一緒の分類にできる病気でも性病になるリスクはあるので、性行為をするときには自身の身体と相手の身体の状況に気をつけましょう。

関連記事